OWET45

フェイクタトゥーやエアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどをOWET45が解説してます。

エアテックスの「エアブラシスタンド ブレイク」が卓上型でカッコイイぞ!

f:id:OWET45:20170818102047j:plain

エアテックスから出ている「エアブラシスタンド ブレイク」が、なかなか格好良い!

エアブラシホルダーはエアブラシをするなら必需品です。

他社の製品はスタンドと引っ掛けが付いていて、「エアブラシハンガー」や「エアブラシホルダー」という名前で売られているんですが、こちらの製品は引っ掛けが付いていないので「エアブラシスタンド」。引っ掛けが付いてないぶんデザインが他社の製品よりも未来的です。

エアブラシハンガーは模型特化のデザインで、エアブラシスタンドはフェイクタトゥー特化のデザインと言ったところでしょうか。

 

 

安いし、カッコいいぞ! 

f:id:OWET45:20170818101208j:plain

エアブラシにブレイクタイムを!

どこにでも置いてエアブラシを差し込むだけ!
作業中のエアブラシの休憩場所になります。卓上型で場所をとらないから
エアブラシの長時間の保管にも最適!
溶剤に強い材質だから絵の具がこぼれても安心です。

ダブルアクションエアブラシなら、ハンドグリップフィルター、ジョイントを付けたまま。
トリガーアクションエアブラシならクイックジョイントを付けたままでもご使用いただけます。カップに塗料を入れたままでも、こぼれにくいのはエアブラシの差し込み部分の角度に秘密が!

※エアブラシ コラーニには対応しておりません。
また、先端が太いエアブラシは差し込めない場合があります。

エアブラシにホースを差したまま、ご使用して頂けますが、ホースによっては倒れてしまいます。ホースはブレイドエアホースを推奨しております。

【材質】MBS
【サイズ】H53×W100×D70
【重量】37g

★商品写真のエアブラシは付属しておりません。ご使用イメージです。

 

エアブラシスタンド ブレイク | AIRTEX ONLINE SHOP

対応していない機種やホースがあるので取り扱いに注意が必要です。

じゃないと塗料をこぼします!!

 

エアブラシスタンドのオススメポイント

まず価格がデザイン重視の割には他社の製品よりも圧倒的に安いです。

近年、ボデペイントやネイルやお化粧などにエアブラシを使うようになってきたので、その辺を考えたデザインになっているのだと思います。

模型やカスタムペイントの様な室内で誰にも見られずに作業を進めていくというよりも、フェイクタトゥーやネイルなどお客さんを相手にして進行していく事を意識した自分が見るというより見せるための製品なのだと思います。

なので、美容でエアブラシを使う人にはオススメだと思います。

 

あまりこの手の卓上型デザインのエアブラシホルダーは見かけないので、その辺も良いところでしょう!場所をあまり選ばないので素敵です。

 

デメリット

エアブラシハンガーは引っ掛けも入れて、大よそ4本エアブラシを置いておけるのですが、「エアブラシスタンド ブレイク」は2本です。安いから2つ買えば解決なんですけどね。

ねじ式でテーブルに固定させる方式ではなく、ブレイドホース推奨なので、恐らくスパイラルホースを使うと倒れてしまうのではないでしょうか。その点においてもフェイクタトゥーやボディアート向けのお客さんに観せる観られる事に重視したデザインになっているのだと思います。

 

ちなみにエアブラシハンガーって?

f:id:OWET45:20160622164849j:plain

エアブラシハンガーは引っ掛けの付いた固定式エアブラシホルダーです。

会社によっては「エアブラシハンガー」「エアブラシホルダー」と呼ばれています。

使い勝手は良いですが場所を選びます。

エアテックス エアブラシホルダー ロングタイプ

エアテックス エアブラシホルダー ロングタイプ

 
エアブラシハンガー HG

エアブラシハンガー HG

 

 

結局どっちがいいの?

ネイルやフェイクタトゥーを重視するなら「エアブラシスタンド ブレイク」が良いと思います。

エアブラシアートやカスタム重視なら「エアブラシハンガー」だと思います。

 

おわり