OWET45

フェイクタトゥーやエアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどをOWET45が解説してます。

フェイクタトゥーとエアブラシアート【初心者のための道具編】

f:id:OWET45:20170901120725j:plain

フェイクタトゥー・エアブラシアートを始めるには、基本的には3つの道具が必要になります。
・エアブラシ(ハンドピース)
・エアコンプレッサー
・塗料
この3つを持っていないと、フェイクタトゥーもエアブラシアートも始めることが出来ません。
今回は記事内でそれぞれ、どんな物でどんな役割を持つのか写真を用いて解説します。

 

 

エアブラシ(ハンドピース)

f:id:OWET45:20170904201317j:plain

上記の写真がエアブラシ本体でハンドピースと呼ばれていたりもします。


エアブラシとは、空気と塗料を同時に吐出させて、ぼかし表現やグラデーションを誰でも容易に出来るようにするための道具です。
エアコンプレッサーを持っていないと使えないので、エアツールと呼ばれてたりもします。


 基本的にはエアブラシのタイプは2種類で、シングルアクションとダブルアクションがあり、細かい作業にはダブルアクションが向いています。


フェイクタトゥーやエアブラシアートをする人は必ずダブルアクションを選びます。
シングルアクションは、グラデーションを必要とするフェイクタトゥーやエアブラシアートには不向きです。

エアブラシ(ハンドピース)の使い方

f:id:OWET45:20170904201413j:plain

エアコンプレッサーにエアホースを接続し、その先に繋いで使います。

エアブラシ(ハンドピース)の選び方

f:id:OWET45:20160621004439j:plain

エアブラシ(ハンドピース)は自分が使いたい会社の物を使うと良いでしょう。

 

なぜなら、どの会社のハンドピースを使っても初心者には、ほぼ同じ様な物だからです。

それぐらいやり込んでないと気づけない程度の事なのです。


ただし、極端に安価な中国製のハンドピースは、当たり・はずれがあります。塗料の出方が誰がどう見ても悪いのが、はずれ商品の特徴です。たまにハズレがあるので注意が必要ですが、近年は品質が良くなってきたと感じてます。


良いものを買えば、愛着が湧いてエアブラシに対する思いも変わってくるので、そういう意味では高品質で高級なエアブラシ(ハンドピース)を買うのも良いかもしれません。国内・海外でよく使われている日本製高級エアブラシは「アネストIWATA、オリンポス」です。日本国内では「エアテックス」の商品が高品質低価格で提供されているので、多くのユーザーに親しまれています。


エアブラシ(ハンドピース)は消耗品の入手しやすさも大事です。

そういう意味では、いくら高品質高級でも製造中止して在庫販売のみを行なっているオリンポス製品よりも、エアテックスやアネストIWATAの製品に軍配が上がるでしょう。

製品を作っていないということは、在庫をはけていくだけになるので、エアブラシの希少価値が高まり消耗品ですら、最終的には値上がりすることでしょう。

しかし、オリンポス製品にはマニアが存在するぐらい不動の人気エアブラシです。

私も所有していますが、シリアルナンバー付きのエアブラシというのも惹きつけられる要素の1つですね。

ということで長くなりましたが、消耗品はかなり重要です。 

アネストIWATAの「HP-CS」

f:id:OWET45:20170904201456j:plain

アネストIWATAの0.3mmエアブラシで、とにかく詰まりやすい塗料が出やすいのが特徴です。細吹きも他のエアブラシよりも超極細が出来ます。消耗品も手に入りやすく、日本製かつ高品質でプロ仕様です。

エアーブラシ HP-CS

エアーブラシ HP-CS

 

アネストIWATAの「HP-CH」

f:id:OWET45:20170904201517j:plain

アネストIWATAの0.3mmエアブラシで、とにかく扱いやすいのが特徴です。先端に空気調整つまみがついており、砂目吹きが出来ます。消耗品も手に入りやすく、日本製かつ高品質でプロ仕様です。

アネスト岩田キャンベル エアーブラシ HP-CH

アネスト岩田キャンベル エアーブラシ HP-CH

 

 

エアコンプレッサー

f:id:OWET45:20170904201600j:plain

エアコンプレッサーは空気を圧縮して送り出す機械です。

家庭用のエアコンプレッサーには、写真のように大小それぞれあります。

エアコンプレッサーがなければ、ハンドピース(エアブラシ)がエアーを出すことが出来ません。

エアコンプレッサーの使い方

f:id:OWET45:20170904203745j:plain

エアブラシ用のコンプレッサーは基本的には家庭用100Vの電源式なので、プラグをコンセントに挿しスイッチを入れて使います。
電源を入れると圧縮した空気を送り出してくれます。
エアコンプレッサーの空気吐出口にエアホースを取り付ければハンドピース(エアブラシ)と接続でき、エアブラシにエアーを送ることが出来ます。

エアコンプレッサーの選び方

エアブラシ用エアコンプレッサー選びで重要なのは以下の3つです。
・静音設計
・オイルレス
・オートスイッチ
音と振動を気にしないのなら、ホームセンターで売られているエアコンプレッサーでも良いと思います。

安価のエアコンプレッサーは安い代わりに騒音と振動で、マンション・アパートなら間違いなく苦情がきます。

それぐらいエアブラシは音と振動がネックです。

屋外向けエアコンプレッサー

f:id:OWET45:20170904202044j:plain

上の写真のコンプレッサーはシンセイ「EWS-30」といって静音設計の家庭用オイルレスコンプレッサーです。俗にホームセンターなどで売られているコンプレッサーなどと言われています。エアブラシ専用に作られたコンプレッサーよりも遥かにうるさいですが、この大きさの機種の中では、かなり静かです、屋外作業時や現場に向かうときは車に積んでいきます。屋内作業やマンション・アパートには適しません。

賃貸の室内で使うにはうるさすぎます。

シンセイ 静音オイルレスコンプレッサー 30L EWS-30

シンセイ 静音オイルレスコンプレッサー 30L EWS-30

 

アパート・マンションなど室内向けエアコンプレッサー

f:id:OWET45:20170904202220j:plain

f:id:OWET45:20160621004607j:plain

これはエアテックスの静音設計エアブラシ用コンプレッサーの「APC-001R」です。これぐらい小さいコンプレッサーなら賃貸でも使うことが出来ます。振動も音もエアブラシアートをするには最小限です。オートスイッチも付いているので、いちいちスイッチを入り切りすることはないです。

現在はエアテックスから後継機も出ているので、そちらがオススメです。 

エアテックス コンプレッサーAPC-001R2

エアテックス コンプレッサーAPC-001R2

 

賃貸などの室内向け激安エアコンプレッサー

f:id:OWET45:20170904202242j:plain

f:id:OWET45:20170729195430j:plain


よくアマゾンで販売されているノーブランドの激安のエアコンプレッサーです。「ツールズアイランド」や「三方良し」という名前で出品されています。激安の割に高機能で、APC-001Rと同等の性能に加えてエアタンクとブレイドホースがセットで付いてきます。

しかし、メーカー製品ではないのでサポートなどは無いです。ですが、メーカー品の半額で手に入るので、壊しても2台目を買えば良いだけの話です。

私の場合は1年以上使っていますが未だ壊れていません。 

 

塗料・絵具

f:id:OWET45:20170904202433j:plain

塗料・絵具は色を付けるための物です。

エアブラシアートで使うのは、基本的にはアクリル樹脂塗料です。

アクリル樹脂を水または有機溶剤で溶かし、そこに顔料と添加剤を混ぜたものが塗料・絵具です。

フェイクタトゥーではボディアート・フェイクタトゥー専用塗料を使います。

塗料・絵の具の使い方

ハンドピース(エアブラシ)のカップの中に数滴落とし希釈してエアブラシで吹き付けます。

塗料・絵の具の選び方

エアブラシアートで使う塗料の場合、水性塗料・油性塗料がありますが、とりあえず水性塗料で練習してみると良いでしょう。

墨汁なんかは既に持っていたりするなら扱いやすい塗料です。

エアブラシのプロは油性・水性を用途に応じて使い分けています。
・屋外で使うものには油性塗料
・屋内で使うものには水性塗料
プロはこんな感じで使い分けています。

というのも、油性の方が水性に比べると耐久性が高いので上記のような結果になります。塗料は太陽からの光や熱、雨や湿気など様々な要因で退色していきますが、油性塗料の方が水性塗料よりも色落ちしにくいためです。
水性塗料は水や専用液で希釈するので匂いや人体の影響がほぼありませんが、油性塗料は有機溶剤を希釈に使うので匂いもきついし、人体への影響も大きいので扱いが難しいです。
初心者は水性塗料から使ってみると良いでしょう。

フェイクタトゥー専用塗料

エアーフェアリー ボディアートカラー NUDE タトゥカラーセット | AIRTEX ONLINE SHOP

f:id:OWET45:20170904205030p:plain

耐水性・速乾性で色落ちが少なく、約2〜5日アートを楽しめます(肌質・季節等によって個人差があります)。
色を落としたい場合は、化粧用クレンジング剤などを使い、こすり落とすことができます。

フェイクタトゥでよく使用するカラーのセットです。
*【BPN01】ホワイト
*【BPN02】ブラック
*【BPN03】レッド
*【BPN04】ブルー
*【BPN07】エメラルドグリーン

アレルギー体質の方・肌が敏感な方は、ご使用前にパッチテストを実施いただくことをおすすめします。

https://www.airbrush.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=958 

 

エアブラシアート専用塗料「エアロフラッシュ

f:id:OWET45:20170904202541j:plain

ホルベインから出ている、「エアロフラッシュ」はエアブラシ用に作られた粘度の丁度良い水性塗料なのでエアブラシアートをはじめるなら扱いやすい塗料です。

アクリル塗料なので、一度乾けば水には溶けない塗料です。 国内で生産されている塗料なので、手に入りやすいのも魅力です。塗料の希釈には水と専用液の両方が使えます。

ホルベイン アクリル絵具 エアロフラッシュ 12色セット E262 35ml

ホルベイン アクリル絵具 エアロフラッシュ 12色セット E262 35ml

 

 

エアブラシアート専用塗料クリテックスカラー

f:id:OWET45:20170904202555j:plain

クリテックスカラーから出ているエアブラシ専用水性塗料です。

アメリカ製で国内で手に入れるにはネットショップが一番手っ取り早いです。エアロフラッシュと比べると量が多いし、海外ではカスタムペイントにも使っているので、塗膜もエアロフラッシュよりも強いです。塗料の希釈には水は使えません。専用の希釈液を使って希釈します。少し塗料が手に入りづらいのがネックですが間違いなく良質な塗料です。

 

 

おわり