OWET45

フェイクタトゥーやエアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどをOWET45が解説してます。

エアブラシ 塗料の希釈について

f:id:OWET45:20170907135906j:plain

エアブラシアートやフェイクタトゥーをやっていて、「上手く絵が描けない!」「難しい」と感じる理由は、上手に塗料を希釈出来ていないからです。

まずは塗料を希釈できなければ、上手な絵は難しいです。

つまり、今回でエアブラシアート、フェイクタトゥーにおける塗料の希釈の仕方を覚えましょう。

 

 

まずは塗料についての理論を叩き込め!!

f:id:OWET45:20170907140222j:plain

一般に塗料は液状ですが、その組成は膜になって残るものと揮発して膜にならないものに分けることができます。膜になって残るものには顔料と樹脂、添加剤があります。膜にならず揮発してしまうものには、有機溶剤や水、一部の添加剤があります。

  1. 顔料は物に色つけ、物を隠ぺいする作用があり水や有機溶剤に溶けません。
  2. 体質顔料は塗膜の補強、コスト低減に用いる。
  3. 樹脂は物に付着する役目を果たし、塗料の性能を決定づけます。
  4. 添加剤は塗料の性能を補助するために必要なものです。
  5. 有機溶剤や水は塗料の粘度を調節して塗りやすくする働きをします。

HowTo講座 塗料と塗装の基礎知識|アサヒペン

 

塗料の希釈液について

f:id:OWET45:20170907135803j:plain

塗料の希釈にはそれぞれ合ったものを使いましょう。

エアロフラッシュやクリテックスカラーなどの水性塗料のなら専用の希釈液や水などが推奨されてます。

マニュキュア塗料、車両用塗料などの油性塗料は水では希釈できないので、専用のシンナー・アセトンがあるのでそれを使いましょう。

水性塗料、エアロフラッシュ

f:id:OWET45:20170904202541j:plain

f:id:OWET45:20170907135817j:plain

エアブラシ用に開発された水性塗料のエアロフラッシュには専用のカラーレス(希釈液)があります。

f:id:OWET45:20170907135855j:plain

成分表示では、水可溶性アクリル樹脂、グリコール類と書いてあります。

つまりは、この希釈液はアクリル樹脂が溶け込んでいる希釈液になりますので、吹き付ければ画面に膜を作ることができます。

なので、希釈液としても使えますが、画面保護や仕上げ液にも使えることになります。

エアロフラッシュでは、まずはこのカラーレスを希釈液として推奨してます。

ホルベイン アクリル絵具 エアロフラッシュ 12色セット E262 35ml

ホルベイン アクリル絵具 エアロフラッシュ 12色セット E262 35ml

 

f:id:OWET45:20170907135830j:plain

そして、エアロフラッシュには水も使えます。

ですが、水はグリコール類などではないので、乾きが遅いです。

f:id:OWET45:20170907135849j:plain

エアロフラッシュの(カラーレス)希釈液にはグリコール類が含まれてます。

グリコール類はエタノールと似たような物なので、よってエタノールは希釈液にも洗浄液にも使えます。

しかし、これは荒技なので「ホルベイン エアロフラッシュ」では推奨してません。

ご理解ください。

【第3類医薬品】消毒用エタノールIP「ケンエー」 500mL

【第3類医薬品】消毒用エタノールIP「ケンエー」 500mL

 

f:id:OWET45:20170907142534j:plain

HowTo講座 塗料と塗装の基礎知識|アサヒペン

f:id:OWET45:20170907142718j:plain

グリコール - Wikipedia 

油性塗料

f:id:OWET45:20170907135845j:plain

f:id:OWET45:20170907135859j:plain

油性塗料には基本的には水は使えません。

 

ネイルの除光液には水が含まれているので、希釈用途には向いてません。

油性を使った時の洗浄には使えます。

 

車両用の油性1液アクリル塗料などの塗料には、専用シンナーがありますので、それを使って希釈します。

ラッカー塗料など専用がない場合は、なるべく値段の高級なシンナーで薄めましょう。

資生堂 資生堂エナメルリムーバー 200mL

資生堂 資生堂エナメルリムーバー 200mL

 

余談

希釈液というのは、顔料と添加剤をくっつけるために使うだけで、結果として膜になって残るわけではありませんので、何を使おうが乾けばいいわけです。

しかし、希釈液と塗料には相性もあるので、失敗すれば塗料がエアブラシのカップ内でボソボソに固まってしまうので注意が必要です。

 

 

私の知っている限り、エアロフラッシュの灰色と消毒用エタノールを混ぜたり、クリテックスカラーの白に消毒用エタノールを混ぜると、牛乳に酢酸を入れた感覚で固まり始めます。そのままエアブラシで吹いてると、ノズルが詰まって洗浄作業が面倒なので、そんな時は使うのはやめましょう。

 

これは油性、水性共通して言えますが、その塗料の最大を引き出したいなら希釈液は専用のものを使いましょう。

顔料、添加剤は科学の力で作られているので、濁ったり耐久性が落ちたりします。

 

どの希釈液を使うかは人それぞれなので、自分に合ったものを選びましょう。

実験をすれば、自ずと自分に合うものが見つかります。

 

希釈の仕方

f:id:OWET45:20170907135906j:plain

塗料カップに先に希釈液を注ぎ込む。

f:id:OWET45:20170907135913j:plain

この時、希釈液を注ぎ込む量はエアブラシアートの場合なら、カップ半分よりちょい下ぐらいで!

f:id:OWET45:20170907135916j:plain

次に塗料を注ぐ!

1・2滴入れて混ぜて、まずは様子をみる!

薄いと感じたら、もう1滴ぐらい入れる。

基本薄めで作業するのが、エアブラシアートで上手い絵が描ける基本です。

エアブラシのコントロールが上手い人や、既に絵の仕上がりが見える人は濃いめで描いて良いでしょう!

 

エアブラシアートもフェイクタトゥーも、こんな感じで塗料を薄めれば、上手な絵が描けるでしょう!_φ( ̄ー ̄ )

 

おわり