OWET45

フェイクタトゥーやエアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどをオーウェットが解説します。

1991年生まれの私がブレードランナーを吹替版で観た感想!ブレードランナー2049も観たくなった。

f:id:OWET45:20171006122804j:plain

こんにちは、OWET45です。

これから劇場公開する、「ブレードランナー2049」がhuluで激押しされてて、過去の作品が一挙公開ということで、オリジナル版とファイナルカット版の両方をhuluで観ましたよ!

初公開は1982年で、私が生まれたのが1991年なので、私が生まれる前の映画って事になりますね。。。。

ということで、今回はブレードランナーを吹替版で観た感想を述べます。

 

ブレードランナーってなんじゃらほい?

f:id:OWET45:20171006124353j:plain

解説・あらすじ - ブレードランナー - 作品 - Yahoo!映画

 

P・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に、近未来を舞台に展開するアンドロイドたちの物語を描いたSFサスペンスで、その卓越した近未来描写により、多くのファンを持つカルト作品。植民惑星から4体の人造人間=レプリカントが脱走した。彼らの捕獲を依頼された“ブレードランナー”デッカードは、地球に潜入したレプリカントたちを追うが……。

映画 ブレードランナー - allcinema

 1982年に公開された、P・K・ディック原作のSF映画です。

オリジナル版・ディレクターズカット版・ファイナルカット版など、バージョンが多くてややこしいのですが、オリジナル版から観れば間違いないと思います。

私はファイナルカット版から観て、次にオリジナル版を両方とも吹替で観ました。

私が好きな方はオリジナル版で、プロローグが優しい解説になっていたり、モノローグで優しく難しい部分を教えてくれるからです。

とにかく頭を働かせなくても観れるのはオリジナル版の吹替です。

 

ブレードランナー2049ってなんじゃ?

f:id:OWET45:20171006123751j:plain

f:id:OWET45:20171006123755j:plainリドリー・スコット監督がフィリップ・K・ディックの小説をもとに生み出した1982年公開の傑作SF「ブレードランナー」から、35年の時を経て生み出された続編。スコット監督は製作総指揮を務め、「メッセージ」「ボーダーライン」などで注目を集めるカナダ出身の俊英ドゥニ・ビルヌーブ監督が新たにメガホンをとる。脚本は、前作も手がけたハンプトン・ファンチャーと、「LOGAN ローガン」「エイリアン コヴェナント」のマイケル・グリーン。前作から30年後の2049年の世界を舞台に、新人ブレードランナーの“K”が、新たに起こった世界の危機を解決するため、30年前に行方不明となったブレードランナーのリック・デッカードを探す物語が描かれる。前作の主人公デッカードを演じたハリソン・フォードが同役で出演し、「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴズリングがデッカードを探す“K”を演じる。

ブレードランナー 2049 : 作品情報 - 映画.com

フィリップ・K・ディック原作のSF映画、ブレードランナーの続編ですね!

公開は2017年10月27日です。( ^ω^ )

上記の画像を見ての通りだけど、続編なので一応前作と原作を見といた方が何倍も楽しめる映画らしいので、玄人向き映画でしょう!

私の様なブレードランナー初心者はついていけるのか?

10回以上観てる玄人だと、もしかしたら劇場に行って音と映像を観たら昔の感動を思い出して鳥肌立つのかもね。

ぞわぞわって感じのやつ( ^ω^ )

 

前奏アニメ ブレードランナー ブラックアウト 2022

www.youtube.com

『ブレードランナー2049』へ至る、空白の30年間。2022年に起きた大停電<ブラックアウト 2022>とはー?

『カウボーイビバップ』『アニマトリックス』『サムライチャンプルー』などを手がけ、日本のみならず海外でも高い評価を得続ける渡辺信一郎監督が『ブレードランナー 2049』の制作スタジオであるAlcon Entertainmentからオファー受け、短編アニメーション「ブレードランナー ブラックアウト2022」を制作!

ちなみにYouTubeには、ブレードランナー2049に至る濃い内容のアニメーションがあるので、こちらも要チェックです。

 

1991年生まれの私がブレードランナーを観ての感想

まずファイナルカット版から観たのですが、プロローグの用語詰め込みが激しくて、その部分だけで5回以上巻き戻しましたね。。( ^ω^ )

やっぱり、この手の設定詰め込み映画は最初がキモなので、とりあえず何度もプロローグを観て塾考してから先に進みました!

一応オリジナル版とファイナルカット版の両方を観たのですが、1982年に公開されたとは思えないほど映像が綺麗でしたね。

初見はファイナルカット版から入りましたが、失敗だったのか用語や世界観を覚えるのにいっぱいいっぱいで、正直あんまり面白い映画とは言えないと思いました。

2回目に観たオリジナル版はファイナルカット版よりも優しい言い回しと名前にテロップが入っていたりしたので、小学生並みの知能しかない私にもわかりやすかったです。

内容も2回観た方が格段に面白いですね。

固有名詞が多い映画なので、おそらく何度も観て楽しむ映画なのでしょうね。

 

「固有名詞をちゃんと読み解き、理解出来てれば、深いところまでこの映画と繋がれる!」っとそんな気がしました!

原作も読み込んだ方がいいのかな?

 

とりあえず結論としては、

原作も読みたくなったし映画は観て良かったし面白かったです。

機会があればブレードランナー2049も観に行きたくなりました。

 

おわり