OWET45

フェイクタトゥーやエアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどをオーウェットが解説します。

ハーレイ・クインをエアブラシで表現すると超リアルですな

f:id:OWET45:20171109104130j:plain

エアブラシを使って「スーサイド・スクワット」でお馴染みのハーレイ・クインを描く動画を発見しました。

この方の動画は以前から何度か記事にも取り上げてますが、エアブラシの技術が桁外れに上手いですね。

ここまで出来るとエアブラシアートが一層楽しくなるよね。

f:id:OWET45:20171108181852j:plain

人物と背景は型を使って表現してます。

型を使うことで、遠近感をコントロール出来るので一層リアルになるんでよね。

そして描画時間の短縮にもなる。

f:id:OWET45:20171108181856j:plain

今回も細かい部分は砂けしと刃で削って表現して、人物のシルエットはマスキングフィルムを使って表現している様ですね。

f:id:OWET45:20171108181858j:plain

マスキングフィルムを使って吹きたくない場所を細かく隠してテクスチャ表現!

f:id:OWET45:20171108181901j:plain

動画で完成したのがこちら!

手やバットの部分がボケてて一眼カメラで撮った様な表現になってますね。

Painting Harley Quinn - Margot Robbie / Airbrush Harley Quinn - YouTube

www.youtube.com

超リアルに人物画を描いていくにはマスキングフィルムは必須。

日本で買うとマスキングフィルムって地味に高いので、あまり日本国内のエアブラシ界隈では見ない技法なんですよね。

今回使っているハンドピースはIWATAのカスタムマイクロンですかね?

最高級エアブラシは流石にデザインもかっこいい!