OWET45

フェイクタトゥーやエアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどをOWET45が解説してます。

エアブラシの握り方・持ち方・使い方

f:id:OWET45:20161116143642p:plain

今回は、エアブラシアート初心者のためのエアブラシ・ハンドピースの握り方・持ち方・使い方を教えます。今回教える持ち方は一般的なエアブラシ教室で教えている持ち方と同じです。プロのエアブラシペインターも同じ持ち方をしていますし、この持ち方をしとけば初心者はとりあえず間違いないです。

 

 

人差し指で握る持ち方!安定感抜群!

f:id:OWET45:20161116140237p:plain

とりあえず、上記の様な形でホールドします。

f:id:OWET45:20161116140247p:plain

ほぼ三本指で成り立つ様に持ちます。人差し指はボタンに、中指は下部に回し、親指でサイドを押さえます。他の指は楽にしときます。

人差し指で握るスタイルはこんな感じ完成です。

国内外問わず親しまれている持ち方です。僕はこの持ち方をしていますし、国内のエアブラシ教室ならだいたいはこの持ち方を推奨しています。

手首が自由に効くのが特徴の握り方です。

長時間握っていると疲れてくるのがデメリットです。

 

親指で握る持ち方!疲れにくい!

f:id:OWET45:20161116140257p:plain

上記の様に親指以外は下部に回します。

f:id:OWET45:20161116140306p:plain

そのまま握り込みます。

ボタンは親指で他の指はエアブラシを安定させるために使います。

これで完成です。

あまりこの持ち方を推奨しているエアブラシ教室はありませんが、この持ち方のメリットは指が疲れにくいところです。エアブラシアートは長時間エアブラシを使うので、指が非常に疲れやすいです。この持ち方ならそれを解消できます。

デメリットは手首の自由があまりないところです。

 

国内のエアブラシ教室で教えている持ち方は大抵が以上の2つです。

プロも同じ持ち方をしているので参考にしてみてください!

 

おわり