OWET45

神奈川県鎌倉市にて、エアブラシアート制作・ボディアート施術・エアブラシスクール・フェイクタトゥー・カスタムペイント・壁画制作をしています。

エアブラシでフリーハンド技法を極めた人の宇宙の描き方を解説するぞ!

f:id:OWET45:20170630123250j:plain

エアブラシアートには様々な技法がありますが、その中でもフリーハンド技法は本当に描いていて楽しい!

ただがむしゃらに自分の思い描く物を描くので、描く時のノイズが少ないからでしょう。

ということで、今回はフリーハンド技法のYouTube動画を観ながら宇宙の描き方を解説します。

 

参考動画にした動画

www.youtube.com

今回、参考にさせていただく動画はこちらです。

 

エアブラシツールを準備 

www.owet45.jp

まずは、エアブラシツールを準備しよう!

動画で使われているツールは、IWATA製エアブラシのエクリプスシリーズのHP-CSです。

そして、塗料は動画には出てないけど、恐らくクリテックスカラーでしょう。

 

エアブラシでフリーハンド技法を極めし者の動画を解説だっ!

キャンバスを黒く塗りつぶす!

f:id:OWET45:20170630123252j:plain

宇宙の表現をしたい範囲を黒く塗りつぶし描く準備をする!

スパッタリングをしてみよう!

f:id:OWET45:20170630123255j:plain

f:id:OWET45:20170630123258j:plain

キャンバスに向かってエアブラシでスパッタリングをしてみましょう!

塗料は白色を使って、動画のようにエアブラシの先端にヘラなどを寄せて、そのまま吹いてみましょう!

塗料が玉になって一気に飛んでいきます。

これが宇宙の遠くにある星の表現になります。

型紙を使ってみよう!

f:id:OWET45:20170630123301j:plain

動画のように白色の塗料を使って、型紙にエアブラシを吹き付けることによって、銀河の表現が可能になります。

型紙は、普通紙やティッシュや練ゴムなどをちぎって、ランダムな形にすると良いです。

立体感と深みを出す。

f:id:OWET45:20170630123304j:plain

f:id:OWET45:20170630123307j:plain

黒いキャンバスに白色で絵を起こせたら、青色を使って立体感と深みを出していきます。

銀河の内側を描く作業です。

輝きを持たせて宇宙空間を完成させる!

f:id:OWET45:20170630123309j:plain

f:id:OWET45:20170630123312j:plain

青色で立体感と深みを出せたら、銀河の内側の微妙な輝きを表現します。

型紙を使って、薄い青色を吹いた後に白色を吹いて完成させます。

これで宇宙空間にある銀河の表現が完成され、キャンバスに宇宙が構築されます。

 

ということで、エアブラシでフリーハンド技法を使った宇宙の描き方はこんな感じです。