OWET45

フェイクタトゥーやエアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどをオーウェットが解説します。

エアブラシを使った、ドラゴンのカスタムペイントを解説するぞ

エアブラシを使った、ドラゴンのカスタムペイント!

f:id:OWET45:20170702194716j:plain

カスタムペイントは描くためのハードルも、デザインをエアブラシで落とし込むのも、難易度が高めですよね。

今回はエアブラシを使った、カスタムペイントのYouTube動画を見つけたので、解説してみたいと思います。

 

 

参考にした動画

今回はこの動画を参考と解説させていただきました。

AIRBRUSH ARTWORK - YouTube

www.youtube.com

 

エアブラシツール

今回の動画で使われているエアブラシツールはアネストIWATA製エアブラシのHP-CPあたりでしょうかね。動画が明瞭ではないので定かではないです。

塗料は恐らく自動車補修用の塗料、もしくはカスタムペイント用のクリテックスカラーのオートエアーカラーでしょう。

自動車補修用塗料はウレタン塗料が色落ちしずらいのでお勧めです。

airbrush.hatenablog.com

 

白色で下書きをする!

f:id:OWET45:20170702194720j:plain

あらかじめ鉛筆などでドラゴンのデザインを描いておいて、スマホに画像を入れておく。

ベースが赤色なので、白色でデザインの下書きをする!

人によってはこの作業を白起こしって呼ぶ人もいます。

 

余談ですが、スマホを観ながらのペイントになるので、充電はしっかりしておいてエアブラシをしよう!

動画では、音楽を聴きながらエアブラシ作業をしているぞい。

 

 

黒色でドラゴンを描いていく!

f:id:OWET45:20170702194723j:plain

黒色で白い下書きの上からゆっくり影を付けていき、ドラゴンを起こしていく!

ドラゴンのデザインをエアブラシで描き終えたら、赤色やオレンジを使って炎を表現していく!

 

トップコート

f:id:OWET45:20170702194726j:plain

f:id:OWET45:20170702194729j:plain

動画では火を噴くエフェクトを撮影していなかったので、解説できるのはここまで!

完成した絵の上からトップコートを吹いて磨いて完成!

 

今回はそんな感じでおわり!

動画が思った以上に短かったので、あんまりカスタムペイントの解説にならなかったんですが、動画の説明にはなったのかな。。笑