OWET45

フェイクタトゥーやエアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどをOWET45が解説してます。

メタルプレートの驚異的に上手い擬似塗装を観た。

f:id:OWET45:20170728030731j:plain

エアブラシを使った、メタルプレートの擬似塗装のやり方を紹介している動画を観たので、私なりの解説と考察をするぞい。まぁいつもながら英語がわからないので、なんとなくの解説になるんだけどね。

筆では上手くいかない部分がエアブラシだと簡単にできたりする。

メタルプレートの擬似塗装なんかは特にエアブラシの方がスピードもクオリティも高いと思う。

 

 

驚異的に上手い擬似塗装の動画はこちら!

Airbrush Quick Tips : Metal Plate - YouTube

www.youtube.com

 

動画内で使っているエアブラシツール

アルミ複合板を支持体にエアブラシはアネストIWATAのHP-CHを使っていて、円形ステンシル(溶剤で侵されないやつ)でボルトの表現をしてます。

説明欄には使用している色は青と白と黒の3色のみと記載されていて、動画の冒頭で出て来たハウスオブカラーは脱脂剤です。色の指定は特にないみたいね。

 

塗装の手順

まずはアルミ複合板のフィルムを剥がして、足付け作業をして脱脂。

青を吹き、黒の砂目吹き、黒で若干ラインを入れる。

溝と接合部をマスキングテープを使って丁寧に描く

ボルトを描く

シャドーとハイライトを入れて完成。

 

白と黒の使い方で一気に見え方が変わる!?

はじめの黒での砂目吹き、ボルトの表現のハイライトの白と影を落とすための黒を上手く使うことでだいぶ見え方が違ってくるので、ここを丁寧にやるのとやらないのとでは出来栄えが違いがでます。

手を抜かずに!

 

それにしても、上手ですね。

 

おわり