OWET45

フェイクタトゥーやエアブラシに関する話題、エアブラシアートの技法・テクニックなどを オーウェットが解説します。

エアブラシで木目を表現すると、かなりリアルになるぞ!

f:id:OWET45:20170728040241j:plain

エアブラシで木目の擬似塗装するとかなり完成度高いので擬似塗装の中でも超オススメ!

この動画でも使われていますが、海外のエアブラシアートをやっている方は結構削りを使うので、覚えていて損はないかもしれませんね。

 

 

木目調塗装の動画はこちら

Airbrush Quick Tips : Woodgrain - YouTube

www.youtube.com

 

動画内で使っているエアブラシツール

アルミ複合板を支持体にして、エアブラシはアネスト岩田のHP-CH、水性アクリル塗料を使っています。ハウスオブカラーは脱脂だけのようですね。

エアブラシ用のテンプレートは海外製なので日本国内では通販以外では手に入りにくいかも。

アネスト岩田のHP-CHは結構高いのですがHP-CPに空気調節ツマミがついているだけなので、HP-CPでも代用できると思います。砂目吹きを頻繁に使うなら、やはりHP-CHがより適しているとは思いますけどね。

 

木目調の難しさ!

この動画を観て、木目調はかなり精巧に仕上がっているのですが、ボルトの部分の陰影が上手すぎて逆に不自然に見えるので、もっと下手に描いてもいいかもですね。

そして、刷毛を使って木目の掠れている部分を表現するのですが、塗料が乗りすぎると不自然になるので難しいポイントですね。まぁそのあとにエアブラシで吹くので多少ぼかせるので自然な仕上がりにもっていけるんですが、まぁまずは刷毛をしっかりやると良いでしょう。

削りには電動消しゴムを使っているんですけど、ハイライトはエアブラシや筆使ってもいけるので、無い方はそれでも良いと思います。

海外のエアブラシアートでは削るのは、かなりよくやるので一台持っていてもいいかもですね。

 

削りはかなり難しいです。

 

おわり