OWET45

神奈川県鎌倉市にて、エアブラシアート制作・ボディアート施術・エアブラシスクール・フェイクタトゥー・カスタムペイント・壁画制作をしています。

エアブラシの洗浄方法

f:id:OWET45:20161115223703p:plain

今回はエアブラシアート初心者の方のために簡易的なエアブラシ・ハンドピースの洗浄方法を教えます。

今回教える方法は、毎日の様にエアブラシアートを楽しんでいる人のための洗浄方法です。

なので、何ヶ月もエアブラシを使うことなく放置する場合は、今回教える方法では洗浄が不十分になります。

放置する場合は、エアブラシを分解して掃除しなければなりません!!

ということで、今回は簡易的なエアブラシの洗浄方法を教えていきます!!

 

ハンドピース・エアブラシの汚れの確認!

f:id:OWET45:20161115223631p:plain

まず普通にエアブラシアートを楽しんでいれば、汚れは上記の画像程度でしょう。

エアブラシのカップの内側と外側が塗料で汚れている程度です。

押しボタンが汚れている場合やエアブラシ内部に塗料が侵入している場合は分解洗浄が必要になります!!

 

エアテックス「エアブラシ ストロングクリーナー」を使おう!

f:id:OWET45:20161115223642p:plain

今回は水性塗料なのでエアテックスから出ている、「エアブラシ ストロングクリーナー」を使って洗浄していきます。
油性塗料を使っている場合はシンナーを使って洗浄しましょう。

この時に注意したいのが、ハンドピースによっては油性塗料に対応していない機種もあるという事です。
なので、水性油性対応なのか、水性のみしか使えないハンドピースなのか、説明書をよく見て確認することが必要です。

水性・油性アクリル塗料は、塗料の性質上乾けば水には溶けない性質があるので、水でエアブラシを洗浄することは基本的には出来ません。  
なので、専用の洗浄液や薄め液やシンナーが必要になってきます。

専用の洗浄液は臭いが気になる場合が往々にしてあるので、クリーナーボトルを使うことで独特な臭いをあまり嗅ぐことなくハンドピースを洗浄することが出来ます。
クリーナーボトルやクリーナーポッドはそういう面でお勧めです!!

ストロンク゛クリーナー

ストロンク゛クリーナー

 

 

洗浄液はたっぷり入れること!

f:id:OWET45:20161115223653p:plain

上記の画像の様にハンドピースのカップ内部に「エアブラシ ストロングクリーナー」をたっぷり入れます。

もったいないと思いますが、たっぷり入れて使わないと汚れは落ちません!!

 

いらない筆やティッシュを使ってカップ内を洗浄!

f:id:OWET45:20161115223703p:plain

ハンドピースのカップ内部が綺麗になるまで、いらない筆やウエス・ティッシュペーパーなどで中の汚れを取り除きます。

エアブラシ ストロングクリーナーは思った以上に強い洗浄液です。

大抵の塗料はこれで取り除けます。

それでも、とれないならシンナーを使ってみましょう!

臭いが気になる場合は、エアブラシクリーナーポッドを使いましょう!

 

ニードルは必ず分解して洗浄しよう!

f:id:OWET45:20161115223713p:plain

エアブラシの尻尾の部分(テールキャップ)にあるニードルネジを外し、ニードルを引っ張り出し塗料を拭き取りましょう!

ウエスに洗浄液をつけてニードルを拭うと汚れがごっそり取れます!

拭き終わったら元に戻して、もう一度エアブラシ ストロングクリーナーを入れて「うがい洗い」して終了です。

しばらく使わない場合は、ニードルを抜きっぱなしにしておいて、ハンドピース内が完全に乾いてからニードルを入れましょう。

 

 最後に

エアブラシの簡易的な洗浄方法はこれで終わりですが、この状態で何ヶ月も放置するとニードルに滲み出てきた塗料が固着するので、ニードルを痛める原因にもなります。

毎日の様に使うなら簡易的な洗浄で良いですが、何ヶ月か放置するなら分解洗浄と完全乾燥せてから組み上げが必要になります。

 

ストロンク゛クリーナー

ストロンク゛クリーナー