OWET45

OWET45は、アートを主軸とした個人メディアです。エアブラシアート・エアショットタトゥー・ジャグアタトゥー・イラスト・ファッションなどなど!

【2020年】エアブラシのおすすめ人気ランキングまとめ【コンプレッサー】

f:id:OWET45:20191204194806j:plain

これからエアブラシを始める初心者の方や、既にエアブラシを始めている中級者、そして巧みにエアブラシを扱うことが出来る玄人の方に向けて、2020年度おすすめのエアブラシセットや単体のコンプレッサー・ハンドピースを私の使った感想を踏まえてランキング形式でまとめました。

この記事は、これからエアブラシを買おうと思っているけど何を買ったらいいかわからない方、私が作ったエアブラシのランキングを見たい方、エアブラシのハンドピースやコンプレッサーなどの製品情報を網羅的に知っておきたい方、などに向けた記事となっています。

下記の項目に沿って解説しています。

 

 

ちなみに私はエアブラシアーティストとして仕事をしており、これまで100万円分くらいエアブラシに投資し、そしてエアブラシを使って利益を上げて回収してきました。

この記事は、そんな私の経験に基づいた記事となっています。

 

【2020年】エアブラシのおすすめ人気ランキングまとめ

カラープリンターの台頭でエアブラシという技術は滅びたかに思えましたが、それでも人間が行う手仕事というものは滅びませんでした。その後もエアブラシは進化を重ねて、2019年初頭から充電式コンプレッサーという、エアブラシのネックでもあった電源という課題を乗り越えた、画期的な製品が台頭しました。

そして、迎えた2020年もエアブラシは、さらなる進化を続けています。

以下、エアブラシのおすすめ人気ランキングまとめです。

 

自分に最適なエアブラシの選び方

まず始めにエアブラシという言葉は非常に曖昧な言葉です。

一口にエアブラシと言っても、言葉が曖昧過ぎて、実際に始めるにはどうすべきか初心者の方なら誰しも迷います。

なので、この項目では私の経験に基づいたエアブラシの選び方を教えます。

エアブラシの基礎知識

エアブラシを始めるには、基本的には3つの道具が必要で、それが「コンプレッサー・ハンドピース・塗料」なのです。

この3つがエアブラシの構成要素となっています。

なので、「それぞれ個々に3つの要素を揃えるか、3つ揃ったエアブラシセットを購入するか」、この2択でまずはエアブラシを始めることが出来ます。

個別に合ったものを選ぶ

エアブラシセットを買わずに、個々に自分で選択して購入することを検討しているならば、初心者はやめておくべきです。

なぜなら、コンプレッサーやハンドピースは種類がすごく沢山あり、選ぶには知識や経験が膨大に必要になってくるからです。

ハンドピースに至っては、玄人でも実際に使わずには良品を入手出来ないぐらいです。

ということで、初心者はエアブラシセットをまずは購入すべきなのです。

エアブラシセットを選ぶ

エアブラシセットは、エアブラシを始めるための全てが、オールインワンパッケージになっているものです。

なので、初心者でも簡単にお得にエアブラシを始めることが出来るのです。

コンプレッサーもハンドピースも、何も考えずに長く使えるものがパッケージ化されているので、素晴らしい限り。

ということで、以下が私が選んだエアブラシセットのランキングになります。

 

エアブラシのおすすめ【コンプレッサーとハンドピースのセット】

この項目は、エアブラシの総合的なおすすめ人気ランキングとなっています。

エアブラシというものは、「コンプレッサー・ハンドピース・塗料」の3つを使って、初めて作業することが出来ます。

エアブラシと一言で括っても抽象的な言葉であり、どの部分を指しているのかはわかりません。

なので、これを買っとけば間違いないというような、コンプレッサーとハンドピースがセットになったエアブラシをおすすめランキング形式にしてみました。 

1位 GSIクレオス L5 プラチナセット

静音 :★★★★★
パワー:★★★☆☆
小型 :★★★★☆
魅力 :連続使用時間、静音性抜群

GSIクレオスのリニアコンプレッサーL5は、サイズも小型で静音性も連続使用時間にも優れているエアブラシ用のコンプレッサーです。

エアブラシアートよりも、ホビー塗装向けなコンプレッサーであり、超静音でアパートやマンションでも夜間に使うことが出来ます。

振動音や運転音は、他社コンプレッサーと比較しても、最高レベルに小さいです。

コンプレッサー自体の定格吐出圧力が0.1MPa、最大吐出0.12MPaと低めですが、ホビー塗装をするなら十分でしょう。

ホビー塗装用途なら問題なく使えますが、エアブラシアートに使うには難しいです。

プラチナセットに付属しているハンドピースは何年も愛用していけて、全ての用途で使える口径サイズ0.3mm標準ハンドピースです。

エアレギュレーターが付いているので、指定した圧力で空気をコントロールし、エアブラシすることが出来ます。

ホビー塗装目的でエアブラシを使っていくならば、購入して間違いないセット内容になっています。

ちなみに筆者は、エアブラシアート用途でも使っていたことがあります。

なので、堂々の1位です!

2位 TKF011 エアブラシスタートキット

静音 :★★☆☆☆
パワー:★★★★★
小型 :★★☆☆☆
魅力 :激安、パワー、エアタンク

GSIクレオスのリニアコンプレッサーには付いていない圧力オートスイッチに加えて、静音設計であり、空気吐出の圧力を安定させるエアタンク付属の最高の1台です。

ホビー塗装はもちろんのことエアブラシアートをするなら、現在一番コストパフォーマンスが高いのは、このエアブラシスターティングセットです。

GSIクレオスのリニアコンプレッサーと比較すると、コンプレッサーの構造がピストン式なので振動音や運転音は少々大きく、連続使用時間なども劣りますが、その分空気を吐出するパワーが強く、何よりもコストが激安です。

エアブラシスターティングキットというだけあって付属品が多いのも特徴です。

ブレイドホース、ハンドピース、エアレギュレーター、簡易水取りフィルター、エアタンクに加えてコンプレッサー自体に圧力オートスイッチが付いてます。

圧力オートスイッチが付いてるので、一定の圧力までコンプレッサーが稼働したのちに自動でスイッチが働き、自然に電源が切れます。ハンドピースを使い、一定圧力までコンプレッサーの内部の圧力が下がると、再び起動します。

この機能により、エアブラシを使わない時は稼働しないので、エアブラシをする上では必ず付きまとう騒音に非常に効果的な機能です。

このエアブラシセットには、ハンドピースが付属していますが、申し訳程度の製品で遊びレベルのハンドピースです。

始めてエアブラシを触る初心者の方には、ハンドピースを分解して構造を理解する勉強になりますが、何年も愛用していくようなハンドピースではありません。

セットのコンプレッサーは振動音や稼働音が大きいので、稼働出来る場所を取れるなら、このエアブラシセットはかなりお得です。

エアブラシアート、ホビー用途、カスタムペイント、フェイクタトゥー、何でも使えるコンプレッサーであることは間違いないです。

エアブラシはアート用途よりも、ホビー用途の方が人口が多く、使える場所が限られていることもあって、堂々の2位です!

>> エアブラシセットの製品レビューはこちらから

3位 RAYWOOD 充電式コンプレッサー エアブラシセット 

静音 :★★★★☆
パワー:★★☆☆☆
小型 :★★★★★
魅力 :激安、小型、充電式

2019年頃より着々と浸透し始めた充電式のコンプレッサーと専用ハンドピースがセットになった製品です。

当初は、他社製ハンドピースを使うためのジョイントが付属していなく、セット内容に含まれているハンドピースを基本的に使う仕様になっていましたが、2020年頃より他社製ハンドピースを使うことを念頭において生産され、コンプレッサーとハンドピースを繋ぐエアバルブへのジョイントが付属するようになりました。

電源がバッテリーということもあってか、空気吐出力が弱いですが、ネイルやホビー塗装など狭い面をエアブラシするには、十分なコンプレッサーです。

このエアブラシセットの利点は、電源が使えない場所でも使える、振動音が響かない、稼働音が小さいところです。

弱点は、1時間程度で充電が切れるということ、空気吐出力が弱いこと、安定した圧力での空気吐出が出来ないことです。

ということで、充電式コンプレッサーは次世代のエアブラシで、バッテリー性能や内部構造によって進化を重ね、小型化が進んできました。年数を追うごとに、これからより一層機能的になっていくことでしょう。

エアブラシアートにはまだまだ不向きです。

最近とにかく初心者の方に人気で、ちょっとエアブラシを使ってみたい方向けの入門機ということもあって、3位に選びました!

>> エアブラシセットに含まれるハンドピースはこんな感じの性能

4位 GSIクレオス L7 プラチナセット

静音 :★★★☆☆
パワー:★★★☆☆
小型 :★★★★☆
魅力 :使用時間、パワー、静音

模型・ホビー塗装ならこれ!静音で夜間でも使える!

GSIクレオスのリニアコンプレッサーL7は、サイズも小型で静音性も連続使用時間にも優れているので、ほぼ無敵のコンプレッサーです。

稼働音は他のコンプレッサーと比較しても最高レベルの静かさです。

コンプレッサー自体の定格吐出圧力が0.1MPaとやや低めではありますが、L5と比べても最大吐出が0.15MPaというように若干上がっているため、ホビー塗装はもちろん、エアブラシアートにも十分に使えるコンプレッサーでもあります。

このプラチナセットに付いているハンドピースもこれから何年も愛用していけて、何の用途でも使えるハンドピースです。

ホビー塗装目的なら、このプラチナセットを買って間違いないです。

筆者はエアブラシアートで実際に使用してました。

音も静かで何にでも使えて、実用的なこともあって4位にランクインです!

5位 エアテックス メテオセット

静音 :★★☆☆☆
パワー:★★★☆☆
小型 :★★★★☆
魅力 :パワー十分、小型

ホビー塗装向けで、軽めにエアブラシを使いたいときに便利。

ホビー塗装をこれから始める方に最適な入門エアブラシセット。

コンプレッサーの脈動や音はやや気になるものの、ハンドピースやエアブラシホルダーも付いていて1万円を切るなら衝撃の価格である。

初めてホビー塗装をするためにエアブラシに触れるなら最適の1台と言える。

別売りのバッテリーを購入するとコードレスでエアブラシを楽しめます。

初心者向けでホビー用途に強く、コスパも高くて場所も取らず、コードレス化も可能ということで、5位に選びました!

6位 エアテックス スピカセット

静音 :★★★☆☆
パワー:★★★☆☆
小型 :★★★★☆
魅力 :パワー十分、小型、バッテリー

フェイクタトゥー、ボディペイント、ネイル、ホビー塗装をするなら最適のエアブラシセット。

バッテリー式で持ち運びでき、小型なので収納や場所に困らない、そしてデザインも良い。

ハンドピースが2本とエアブラシホルダーも付いており、これからボディペイントやフェイクタトゥーをするなら最適な1台です。

7位 Divent エアブラシセット

静音 :★★★☆☆
パワー:★★☆☆☆
小型 :★★★★★
魅力 :超小型

これからエアブラシを始める方や、エアブラシをしたいけどそこまで広い場所を確保できないって方、軽めにホビー塗装をしたい方向けのエアブラシセットです。

ハンドピース、ブレードホース、エアブラシホルダー付きコンプレッサーがセットになっています。

価格にしては静音性が高いのが特徴です。 

ハンドピースから出るエアーに脈動があるので、軽くエアブラシを楽しむ方向けです。

8位 高儀 エアブラシセット

静音 :★★★☆☆
パワー:★★☆☆☆
小型 :★★★★★
魅力 :超小型、オートスイッチ

これからエアブラシを始める方や、エアブラシをしたいけどそこまで広い場所を確保できないって方、軽めにホビー塗装をしたい方向けのエアブラシセットです。

ハンドピース、ブレードホース、エアブラシホルダー付きコンプレッサーがセットになっています。

価格にしては静音性が高く、オートスイッチが付いているのが特徴です。

エアーを出すとコンプレッサーのスイッチが入ります。

ハンドピースから出るエアーに脈動があるので、軽くエアブラシを楽しむ方向けです。

9位 タミヤ パワーコンプレッサーセット

静音 :★★☆☆☆
パワー:★★★★☆
小型 :★★★☆☆
魅力 :パワー、ハンガースイッチ

ホビー塗装向けのエアブラシセットです。

ハンドピースのみが付属していないので同時購入をおすすめします。

エアブラシハンガーにコンプレッサーの入切スイッチが付いている面白いコンプレッサーです。

ピストン式のコンプレッサーなので、振動が気になりますが専用の防振マットを使えば緩和できます。

10位 アネスト岩田キャンベル エアブラシセット

静音 :★★☆☆☆
パワー:★★★★☆
小型 :★★★☆☆
魅力 :パワー、オートスイッチ 

エアブラシアート、ホビー塗装、ネイル、ボディアートなど、何にでも使えるコンプレッサーが付いたエアブラシセットです。

ただし、エアーを調整するレギュレーターが搭載されていないので、別で用意する必要があります。

11位 タミヤ レボ2 エアブラシセット

静音 :★★☆☆☆
パワー:★★★☆☆
小型 :★★★☆☆
魅力 :パワー十分

ホビー塗装向けのコンプレッサー。

口径サイズ0.3mmのトリガーアクションハンドピースとコンプレッサーがセットになっています。

12位 タミヤ ベーシックコンプレッサーセット

静音 :★☆☆☆☆
パワー:★★★☆☆
小型 :★★★☆☆
魅力 :パワー十分

ホビー塗装向けのエアブラシセットです。

ホビー用途で使うなら、ちょっと運転音が気になるかも。

 

エアブラシのおすすめ【アクセサリー・備品・補助パーツ】

この項目から、エアブラシをする上で必要なアクセサリー・備品のおすすめ人気ランキングを紹介します。

エアブラシセットを購入してエアブラシを始めると、しばらくは何の不都合もなくエアブラシを楽しめるのですが、エアブラシに慣れて技術が向上してくると、足りないものが出てきます。

そういった時にサポートしてくれるアイテムが、「エアブラシ アクセサリーであり、備品であり、補助パーツ」なのです。

1位 タミヤ スプレーワークブース2

ツイン・シングルともに、現在とても売れているエアブラシブースです。

エアブラシアートやホビー塗装をするならば、吸気ファンでエアブラシを行っている最中の汚れを吸って、シンナーや塗料などを外に逃がす必要があります。

でないと、ホビー塗装などシンナーを多く扱った塗装をするときは、部屋の中が気化した有機溶剤で充満して、体に深刻な害を及ぼします。

そして、部屋中に散った塗料汚れは時間が経つと、床の上に沈んで塵・埃となり床が汚れます。

スプレーブースがあると、単純にエアブラシを行う場所を作れるので、便利というのもあります。

なので、吸気ファンは必要不可欠です!

>> エアブラシのための騒音対策はこちら

2位 エアブラシ クリーナーポッド

 エアブラシでの作業を終えた後、洗浄を行う際に必要になってくるのが、クリーナポットです。

エアブラシは使用後は、毎回ある程度までは洗浄しないと、内部で塗料が固着して次回使う時に大変な思いをします。

そして、掃除にはシンナーや専用クリーナーを使うので、部屋中が汚れた空気でいっぱいになります。

クリーナーポットならばそう言った問題を解決してくれます。

おまけにエアブラシホルダーがセットになったクリーナーポットならば、エアブラシでの作業の途中や洗浄の途中などに休憩したいときに、簡単に休憩出来ます。

エアブラシホルダーがないと、毎回ハンドピースを平置きしないといけないので、それでは塗料がこぼれてしまうので大変です。

そういった問題を解決してくれるのが、エアブラシホルダー付きのクリーナーポットです。

3位 エアテックス ブレイドホース 

エアブラシのエアホースは種類が沢山ありますが、このホースを選べば間違いないです。

エアホースは癖が付きやすく、冬場の作業では曲がったまま形状が記憶されてしまいます。

しかし、このブレイドホースは冬場にホースが固まることなく作業できます。

変な癖が付きにくいエアホースとして人気なのです。

4位 山善 食器乾燥機 YD-180

食器乾燥機だがモデラーの間では、塗装後の乾燥ブースとして頻繁に使われている。

メーカーが本来意図していない使い方なので、何が起ころうが全ては自己責任。

しかし、コスパも良いので売れている。

5位 ウェーブ エアブラシハンガーHG

エアブラシを行っている最中など、作業に疲れたらハンドピースを置いて休憩できる。

まさに優れものです!

5位 GSIクレオス PS388 ドレンキャッチャー

ハンドピースから出る、ホコリや水滴を解消できます。

空気調整が手元でできるようになる。

6位 エアテックス ハンドグリップフィルター

エアブラシをやっていると夏場に水分がハンドピースから出ることがあります。

そこでホコリや水滴をこのフィルターがあれば解消できます。

エアテックスのハンドグリップフィルターは少々高いですが半永久的に使えるのが良いところ!そして、吸水性抜群です。

GSIクレオスの製品の様な空気調節は出来ませんが、水分カットの目的ならこれがおすすめ!

7位 エアテックス 水取りセット

エアブラシを長時間使用したり、湿気の多い時期に使用すると、コンプレッサーからの水分に悩まされます。

これを使えば夏場にハンドピースから出る水吹きを解消出来ます。

ハンドグリップフィルターよりも効果的ですが、値段もかなり高いです。

8位 アネスト岩田キャンベル エアブラシ用エアタンク

エアブラシアート・ホビー塗装向けのエアタンク。

湿気の多い日はハンドピースから水が吹いてしまうのを改善できる。

脈動のない空気をエアブラシに供給できる。

エアレギュレーター付き。

 

 

以上、エアブラシのおすすめ人気ランキングでした。

ご参考程度にどうぞ。