OWET45

OWET45は、アートを主軸とした個人メディアです。エアブラシアート・エアショットタトゥー・ジャグアタトゥー・イラストなどなど!

エアブラシは枯れた技術なのか?稼げないのか?

f:id:OWET45:20190203131157j:plain

上記の写真は本日撮影した、私のアイコン作品です!

こういったアイコンアートは、私しか愛していないとお思いでしょ???

でも違います、最近ではこのアイコンの入った物を欲しがってくれる方が多くなってきましたので、僕だけが愛するアイコンではなくなったのです。

アーティストとして純粋に嬉しい限りですねー。

 

っとまぁ、関係ない話はここまでにして、、、

 

「エアブラシは枯れた技術なのか?稼げないのか?」という話でも今回はしようと思います。 

 その前にエアブラシというのがどういった道具なのか簡単に説明します。

エアブラシとは、「圧縮した空気を塗料と一緒にスプレー上に吹き付ける道具」です。

主な用途としては、模型塗装・アート・ビューティー系で使用されています。

 

っと、話は戻りまして、、、、

結論から言うと、「エアブラシは枯れた技術なのか?」については、ほぼその通りだと思います。

全盛期はエアブラシはイラストレーター、カスタムペインターの間では広く使われていました。

ですが、プリンターやデジタル絵画の発達により、エアブラシが使われていたシーンもラッピングやプリントに取って代わられた為、より精度とスピードを求められる仕事現場では求められなくなったのが現状だと思います。

しかしながら、現状では前述した通りだと思いますが、完全に枯れた技術なのか?というと、そうではないと思っているのが私の見解です。

 

枯れた技術というのは、一昔前の技術ということです。

ということは、ノウハウや使い方や不具合などは出尽くしているということです。

技術としては凝り固まったものということです。

 

つまり、これを水平思考で考えて、さらに使い方を考えていくことこそが、新しいエアブラシの使い方の発見であり、隙間的なエアブラシの使い方なのです。

完全に枯れた技術ではないと前述しましたが、エアブラシでしか塗装が困難な物というのが、現代社会においてまだまだ眠っています。

 

具体例を上げていくと、

ボディアートはエアブラシで塗装する以外に、広範囲に速く綺麗に長く保つことが現状では出来ません。

筆で塗ると時間も掛かりますし、グラデーションにムラが出来、長く持たせることが難しいのです。

ボディアートの一種に、ヘナタトゥーやジャグアタトゥーというものがありますが、これらはエアブラシで描いたボディアートよりも長持ちしますが、多色で描くことが出来ない点や、肌の新陳代謝でしか消すことが出来ないので消したいときに消せない、という欠点があります。

エアブラシでのボディアートはこれらのが出来ないことを全てカバー出来るので、現状では多色で綺麗で持続時間をふまえて考えると、エアブラシでのボディアートが優位に立ちます。

ちなみにエアブラシでのボディアートを、私のスタジオでは「エアショットタトゥー」と呼んでいます。

 

他にも、3Dプリンターを使ったフィギュアなども、現状ではより綺麗に塗装するにはエアブラシの技術が最適となってきますし、模型塗装の分野でもエアブラシがやはり最適となっています。

 

エアブラシはイラストやカスタムペイント業界では確かに衰退しましたが、今現在は個人的な制作や小規模の制作現場では、まだまだ使われている技術なのです。

結果的にエアブラシは「枯れた技術の水平思考」で、細々と生きており完全に枯れた技術なのかというと、そうとも言い切れないのが現代社会における現状なのです。

 

次に、「エアブラシは稼げないのか?」という話ですが、

結論から言うと、全盛期ほどではありませんが、まだまだ稼げるのというのが答えです。

先程もお話しましたが、ボディアートを生業としていけば普通に稼げますし、エアブラシの新しい使い方を考えていけば、まだまだ一攫千金を稼げる見込みがあります。

 

以上のように、エアブラシはまだまだ使える面白い道具なのです。

 

ちなみに私のところでは、ブログ記事から独学も出来ますし、エアブラシアートを直接指導していたりします。

気が向いたら来てみてください。笑

 

ということで、皆様は良きエアブラシライフを!!!