OWET45

神奈川県鎌倉市にて、エアブラシアート制作・ボディアート施術・エアブラシスクール・フェイクタトゥー・ジャグアタトゥー・カスタムペイント・壁画制作・グラフィックデザインをしています。

【セルフジャグア】ジャグアタトゥー・ジャグアインクのおすすめ人気ランキング【まとめ】

f:id:OWET45:20190402134901j:plain

【セルフジャグア】ジャグアタトゥー・ジャグアインクのおすすめ人気ランキング【まとめ】ということで、今回はジャグアインクの選び方やおすすめ商品をピックアップしていたいと思います。

 

ジャグアタトゥーとは?

New! 30 ml フリーハンドインク

New! 30 ml フリーハンドインク

 

ここではジャグアタトゥーというものが、どういったものかわからないジャグア初心者の方のために少々解説しときます。

ジャグアタトゥーとは、約2週間程度楽しめる消えるボディアートです!!

名前にはタトゥーと付いてますが、ヘナタトゥーと同様で全く痛みはありません。

肌の表層を植物由来のオーガニックインクで染め、肌の新陳代謝を利用することで2週間という短期間だけ、まるで本物のタトゥーの様な感覚を楽しむことができます。

また、ヘナとは違って肌を染め上げた時の色が、本物のタトゥーにより近いのがジャグアの強みと言えます。

 

ジャグアインクの選び方

ジャグアタトゥーをこれから始めるならば、無数にあるジャグアインクの中から自分にあったものを選ばなければなりません。

ということで、ジャグアインクの選び方の手助けになればと思い、以下に選ぶ基準となる項目をまとめてみました。

粘性度

ジャグアインクは製品によって粘度が違います。

粘度が高いほうが、細い線をブレなく描くことが出来ます。

粘度が低いほうが、グラデーションが上手く出来ます。

両方にメリット・デメリットがあるのでこの辺を加味して選んでいきましょう。

ニードル

ニードルは細いものと太いものがあります。

どちらが標準でジャグアインクに付属しているかは、その製品次第です。

当然、細いニードルの方が細かいデザインやタトゥー的なデザインは描きやすいです。

逆に太いニードルは広範囲にムラなくインクを出すのに有効になります。

保存期間

ジャグアインクは植物由来のオーガニックインクなので、染まりやすさはインクの主成分であるゲニパアメリカーナの鮮度で決まります。

より鮮度の高いものの方が当然濃く染まります。

製品によっては1ヶ月が消費期限のインクもあれば、1年の長期保存が出来るインクも存在していて保存期間も様々です。

この辺もジャグアインクを選ぶなら押さえておきたいポイントです。

染まるまでの時間

先ほども触れましたが、ジャグアタトゥーはゲニパアメリカーナの含有量で染まりやすさが変化します。

当然多い方が染まりやすいです。

逆に少ないと薄く染まります。

「多いから良い、少ないから悪い」という話ではなく、これについては使う場面で選ぶのが賢いと言えます。

例えば、グラデーションを利用するデザインにゲニパアメリカーナの含有量が多いジャグアインクを使えば、完成後は染まりすぎてしまいます。

以上のように、使う場面に応じて選びましょう。

値段

ジャグアインクは様々な会社から製品が出されていますが、それぞれ1mlあたりの値段に開きがあるものです。

当然ですが値段があまりにも安すぎるジャグアインクには、粗悪なものがあるので気をつけましょう。

これについては自分が一番信用できるメーカーを選べば問題ないです!

アレルギーについて

ジャグアタトゥーとアレルギーは切っても切り離せません。

そもそもジャグアインクは植物性オーガニックインクで、ゲニパアメリカーナという植物の果実を原料としています。

なので、果実に対するアレルギーを持っている方やナッツ類・イチゴなどにアレルギーのある方はジャグアタトゥーをすることが出来ません。

ジャグアタトゥーをやってみたい方は肌トラブルの原因になるので、まずはパッチテストを受けてからやることをオススメします!

 

ジャグアインクのおすすめ人気ランキング【まとめ】

ジャグアインクのおすすめ人気ランキングを以下にまとめてみました。

これからジャグアタトゥーを始める初心者の方には参考になるかと思います! 

1位 inkbox(インクボックス) フリーハンドインク 30ml

New! 30 ml フリーハンドインク

New! 30 ml フリーハンドインク

 

保存期間や染まるまでのスピード・手に入りやすさ・オシャレ具合を加味すると、現在ジャグアインクの中ではインクボックス一択ではないのかって感じです。

先端のニードルは後付けで細いものと交換も出来るので、細かいデザインを描くことも可能です。

また、保存期間は1年というジャグアインクの中では異例の長さです。

その辺を考えるとインクボックスはおすすめです。

2位 ソルタトゥー ジャグアインク 30ml

ジャグアタトゥー 用 ジャグアインク 30ml

ジャグアタトゥー 用 ジャグアインク 30ml

 

なによりも1mlあたりの値段がジャグアインクにしては安い!そして、アマゾンなどの大手通販サイトで入手可能なので、手に入りやすいのがポイントです。

インクボックスほどは長期保存出来ないので、開封後は早めに使い切ることを考えると、保存面ではインクボックスに軍配が上がる感じでしょうか。

ジャグアタトゥーをこれからはじめて沢山使うなら30mlがおすすめです。

3位 ソルタトゥー ジャグアインク 15ml

ジャグアタトゥー 用 ジャグアインク 15ml

ジャグアタトゥー 用 ジャグアインク 15ml

 

なによりも1mlあたりの値段がジャグアインクにしては安い!そして、アマゾンなどの大手通販サイトで入手可能なので、手に入りやすいのがポイントです。

インクボックスほどは長期保存出来ないので、開封後は早めに使い切ることを考えると、保存面ではインクボックスに軍配が上がる感じでしょうか。

業務で使うなら15mlを使い切っていくほうがジャグアインクの鮮度的におすすめです。

そして、ジャグアタトゥー初心者の方がとりあえず試してみるのにも最適です。

4位 Henna City ジャグアタトゥーキット 30ml

Jagua Tattoo ジャグアタトゥーキット 30ml [並行輸入品]

Jagua Tattoo ジャグアタトゥーキット 30ml [並行輸入品]

 

おそらくは並行輸入ということもあってか、1mlあたりの値段がジャグアインクの中では高い方です。

しかしながら、転写用のデザインシートや替えのニードルが付属していることを考えると、これからジャグアタトゥーを始めようと考える初心者の方にとっては割安なのかとも思います。

30mlの方は15mlのボトルが2本入ってるので、保存面などを考えると割と使いやすいのも良いところです。 

5位 Henna City ジャグアタトゥーキット 15ml

おそらくは並行輸入ということもあってか、1mlあたりの値段がジャグアインクの中では高い方です。

しかしながら、転写用のデザインシートや替えのニードルが付属していることを考えると、これからジャグアタトゥーを始めようと考える初心者の方にとっては割安なのかとも思います。

ジャグアインクの15mlのボトルというのは、初心者の方がお試しで使うには向いてるかと思います。

 

以上。ご参考までに!