OWET45

神奈川県鎌倉市にて、エアブラシアート制作・ボディアート施術・エアブラシスクール・フェイクタトゥー・ジャグアタトゥー・カスタムペイント・壁画制作・グラフィックデザイン・イラストをしています。

液タブとしてiPad Proを選択するときの読みもの!

液タブとしてiPad Proを選択するときの読みもの

液タブ選びで悩んでいる方へ!

なぜ今、iPad Proが液タブとして流行っているのかしりたい。

iPad Proを液タブとして使いたいと思っているが、液タブとして使った時に本当に便利なのか知りたい。

iPad Proと液タブを比較した時にどちらがより便利なのか知りたい。

などなど、本記事ではそういった疑問点を下記に沿って解説していきます。

 

 

ちなみに私は普段エアブラシペインターとして活動しており、液タブを使ってのイラストやデザインをしています。

この記事は、そんな私の経験に基づいた記事になります。

 

液タブとしてiPad Proが注目されている理由

液タブとしてiPad Proが注目されている理由は、これまでiPadは指で触って操作するのが一般的な操作方法で、液タブとして使うということはされてませんでしたが、Apple pencilの登場でスタイラスを使って直感的に操作することが出来るようになったため、iPadを液タブとして使うという新しい使い方に進化させた訳です。

これだけなら一般的なユーザーは簡略な図などを描けるぐらいにしか思っていませんでしたが、これまで液タブでよく使われてきたアプリケーションである「クリップスタジオ」や「フォトショップ」などが、IOSバージョンで登場したことによって、漫画家やイラストレーターがこぞってiPadを使い始めたことにより、液タブとしての地位を一気に確立していったという感じです。

ちなみにiPadよりもiPad Proの方が、コアとなる性能面で違いがあり、スタイラスを使っての作業においてより緻密な追従性能や書き味を示すので、液タブとしてより愛されています。さらには、iPad ProApple pencil第2世代にも対応していたりするので、そういった目に見えた違いもあったりします。

 

次の項目では、液タブとiPad Proはどちらが良いのかという疑問について解説します。

 

液タブとiPad Proはどちらが良いのか?

液タブにもiPad Proにも良いところもあれば悪いところも存在します。

液タブは、例外的にOS搭載の液タブも存在しますが、基本的にはOSの入っているPCを必要とします。

PCを必要とするので、必然的に机の上の占有率も高くなるので、液タブはある程度の場所を必要とします。

しかしながら、液タブはPCを基本性能としているので拡張性も高く作業効率が断然に高いです。

例えば、漫画家やイラストレーターとして食べていくならば、WEB上での作品閲覧、ホームページの更新、メールチェック、文章を書く、などなど絵を描く以外の業務も必然的にやらなくてはいけない訳で、絵だけを描いて生活出来る訳ではないので、必然的にPCは必要になってきます。

それらの業務はPCを使うことで一本化し集約できるので、そこに液タブを使った方が作業効率は断然に高くなるのです。

ですが、液タブは良いことばかりではありません。

電源を必要とするPCは、性能が高ければ高いほどに動かすにも電気代が余分に掛かりますし、上述していますが場所をある程度必要としますし、配線も多く持ち運びに全く向いていません。

逆にiPad Proは持ち運んで使うような場面に強く、バッテリーで動くので場所を全く選びません。

起動速度も速いので描きたいときにすぐに描け、自分のライフスタイルに合わせて使えるのが最大のメリットです。

ですが、やはりキーボードとマウスやデュアルディスプレイなど、拡張性が高いPCと違い、iPad Proは事務作業を効率的に進めることが難しいのもポイントです。

iPad Proは単一の軽作業を効率的に進めるのに特化しています。

 

ということで、どちらも一長一短だということが言えますね。

 

液タブとiPad Proの比較

この項目では、液タブとiPad Proの比較を解説します。

液タブのメリット・デメリット

メリット
  • 画面サイズに種類があり選べる。
  • 液タブとして特化しているので筆圧レベルなど機能面で充実。
デメリット
  • PCが基本的に必要。
  • PC初心者には割と難しい。
  • 電源を必要とするため外出先で気軽に作業出来ない。
  • 有線接続かつ大きさもあり、ある程度の場所が必要。

iPad Proのメリット・デメリット 

Apple iPad?Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 256GB) - シルバー

Apple iPad-Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 256GB) - シルバー

 
Apple?Pencil

Apple-Pencil

 
メリット
  • 直感的で起動も早く、初心者にも向いている。
  • 充電式かつOS一体型なので、外出先で気軽に作業できる。
  • 写真が撮れるのでトレース効率が良い。
デメリット
  • 画面サイズは選ぶほどのラインナップはない。
  • 書き味が悪いので、ペーパーライクフィルムが必要。
  • 高機能とはいえ、液タブ専門メーカーには及ばない 

両者の最大の違い

  • 液タブ :PCが必要、持ち運び出来ない。
  • iPad ProPCは必要なし、持ち運び出来る。

 

液タブとiPad Proの結論

どちらか一方を選ぶ場合、

  • デジタル作家として漫画家として本気で作品を作っていきたい人は液タブを推奨します!
  • これからデジタルイラストを始めるライトユーザーであり、趣味としてデジタルイラストに触れていくならば、iPad Proを推奨します!

正直プロとして生きていくならば、どちらか一方ではなく、液タブもiPadも両方持っている方が効率が良いので、両方持っておくのが本当のところ一番おすすめです!

 

以上、ご参考程度にどうぞ!